製造業とIT化…日本の製造業におけるIT化が急速に進められています。…

製造業とIT化

日本の製造業におけるIT化が急速に進められています。 例えば設計現場ではまずCAD(Computer Aided Design)がその波に飲まれるように急速に改革が行われています。 従来、設計をする、という仕事は「紙」の図面を書くことでした。ドラフターという図面書き専用の用具を使用して定規と鉛筆で図面を書いていました。 それが2次元CADに置き換わりました。 これも言ってしまえばIT化なのかもしれません。 ここはスムーズに移行ができました。なぜなら「ドラフター」が「2次元CAD」に置き換わっただけだからです。 そこから大企業のIT化が進み2次元CADが3次元CADに変わります。

これは大きな変化でした。それまで2次元CADの図面の誤り等は加工現場の職人さんが暗黙の了解で修正していたのが、3次元CADではそれができなくなってしまったため、より正確な設計が求められたためです。 3次元CADのオペレーターや派遣やアルバイトが大量投入されました。 これらの大企業のIT化の波が取引をしている中小企業へも押し寄せます。 中小企業も仕事を失う危機感から今、急ピッチでIT化を進めています。






よくよくの覚悟をもって保険についての検討に接してみましょう。自分の年収や年齢等により必要な保険の保障額は変わります。保険税というものはこのように考えることが大切なことです。よく比較検討して保険を決めましょう。それにより差が付きます。「ほけんの窓口」は保険ショップです。生命保険の提案を受けてくれます。-

講演会講師はセミナーの中心です。セミナー終了後の聴衆の姿と感動とをイメージすればセミナー講師をどうやって選ぶのかという問題も無事乗り切るのではないでしょうか。狭い分野であればどの講師がいいのか分からなかったりする問題もありそれほとせ心配しないで済むかもしれません。どうやってみても心配になってしまうのは講演会講師をどのくらいしっかりやるのかです。-

次を読む≫