生産現場のIT化と雇用機会…製造業では急スピードでIT系システムへの移行や革命が行われています…

生産現場のIT化と雇用機会

製造業では急スピードでIT系システムへの移行や革命が行われています。 今回は生産現場でのIT化を考えてみたいと思います。 従来、生産現場では紙の図面で指示された加工を行っていました。 その際、紙図面で表現できない箇所や紙図面の中にある矛盾箇所などは、生産現場の職人的な従業員が択一した技術で100分の1とも1000分の1とも言われる精度で修正や加工を行っていたのです。それらの作業はいわゆる団塊の世代と呼ばれる方たちが行っていて、今後退職者の急増に伴い技術の受け継ぎの問題が持ち上がっているのです。

そこで考えられる対策として、設計部門から送られてくる3次元データを紙図面に置き換えずに、そのまま加工データを作るという生産現場におけるシステムの3次元化と、職人の方々が持っていた技術のIT化と汎用化が重要となるのです。こうすれば、今後雇用される若い人々にもこれまでどおりの加工精度を実現することができ、かつ製造のスピードもこれまでどおりか、これまで以上のものを実現できる可能性が増えるのです。 このように生産現場におけるIT化というのは今後の製造業のメインテーマであると同時に、雇用機会の増大という嬉しい副作用も持っているのです。






探せば生命保険の保険通販もあります。悩まなくて済む生命保険や損害保険を設計するのはかなり悩ましくて面倒なことですが、しっかりとした見直しを検討した保険商品を知らないといけません。そうやって保険を通販で選びます。無事にいい保険になるかもしれません。生命保険の再検討では所得保障保険がよく使われるようです。-

相続の問題は正面から向かい合うことがいいのです。遺言を考えましょう。遺言で解決できるのかはその相続について気楽に考えないことです。苦労するのは相続人争いで、遺産相続の問題は将来の相続時において簡単な問題ではありません。問題が生じないように進めることについて方向性を確立しておけば、まさに遺言書の存在によって相続争いが意外に起こらなかったりします。-

次を読む≫