金型設計フェーズにおけるIT系革命…製造業における重要なフェーズで金型設計フェーズが考えられます…

金型設計フェーズにおけるIT系革命

製造業における重要なフェーズで金型設計フェーズが考えられます。 設計段階ではだいぶIT化が進み使用しているシステム、CAD(ComputerAidedDesign)が2次元から3次元になり、そのデータ管理(PDM(ProductDateManagement))もIT化され設計スピードも以前の紙図面のときから比べれば格段にスピードアップしています。しかし、設計の次のフェーズである金型設計フェーズではいまだに紙図面を用いる業者も多いのが現状です。 それは設計で作成したデータと金型で使用するデータに若干の差があるためです。

簡単に例を挙げると、金型から製品を取り出す際に必要になる「抜き勾配」、加工の際に問題になる「角R」、細かいボスやリブの付け方など、です。これらは従来、現場の職人の方が暗黙の了解的に業務をこなしていたため問題にならなかったのですが、データが3次元化することにより「抜き勾配」や「角R」はきちんとデータ化する必要があり、金型設計フェーズでの業務量が増えてしまうのです。しかし金型設計から加工フェーズを考えると業務スピードは格段にあがることから、こうしたIT系の革命は非常に重要なのです。






ガン保険をどう考えたらいいのでしょうか。保険会社の生命保険の一種です。ガンによる手術・入院・通院等を対象とする給付金が保険会社から支払われることになります。病院に支払う経費についてその給付金でまかなえます。ガン保険について調べてみましようか。-

後悔しないように相続問題を解決するためには対策をしておけば案外うまくいきます。うまく相続税問題を解決するには相続税申告について案単に受け止めないことです。経営者が悩むのは相続税です。ではその相続税については不動産を幾つか所有していると生じる問題です。相続対策についての問題はきちんと手続きを踏むことが大切なポイントです。-

次を読む≫