データ管理のIT系革命と雇用に関して…製造業では、設計部門において急スピードでIT系革命が行われました…

データ管理のIT系革命と雇用に関して

製造業では、設計部門において急スピードでIT系革命が行われました。 結果として設計者が使うツール(ソフトウエア:3次元CAD)はIT革命が行われ、従来の2次元CADから3次元CADに置き換わっていき、データの蓄積も始まっています。ここから問題となってくるのが、その蓄積されてきたデータの管理のやり方と、付随するデータとの紐付け管理です。 一口に「IT系革命」と言っても様々な部門での連携した革命が必要になるのです。製造業では、従来から図面管理手法が企業ごとに違うのかもしれませんが、割としっかりできていたと思われます。

例えば、「あのときのあの図面を参照したいな」と思ったときに、図面が収められている棚に行けば、割とすぐ欲しい図面にたどり着くことができました。図面個々の番号管理がしっかりしていたためです。 今はこれらの、「これから出てくる電子データ管理」と「過去資産の管理」を融合しながらの、管理に対するIT系革命も行われつつあります。 過去資産のIT系革命に対しては、単純作業となる可能性もあるため、社員ではなく派遣社員やアルバイトに業務をやらせるケースもあります。






生命保険等の保険をどんな立場の保険マンに相談をするのでしょうか。ライフプランの悩みが残らないように済ますことについて早めに検討を済ませておけば意外にいい解決をします。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPと自称する営業マンもいます。コンサルティングが的を得たものかどうかでどのような生命保険のプランニングとされるかが決定します。ファイナンシャルプランナーFPと生命保険です。ファイナンシャルプランナー・FPに相談しましょう。-

保険の悩みを解決できるか、保険について気楽に考えないことです。保険相談や掛け直すことは誰の家であってもそれなりに悩ましいことです。家族で話し合って考えて確り意見を持っていれば何とかなるものかもしれません。みつばち保険ファームやほけんの窓口などの保険ショップでの保険の無料相談もあり、相談してもらうのが大切なポイントです。-

次を読む≫