製造業のデータ管理のIT化と雇用機会…製造業におけるデータ管理手法にIT系革命が行われつつあります…

製造業のデータ管理のIT化と雇用機会

製造業におけるデータ管理手法にIT系革命が行われつつあります。 一般に、PDM(ProductDateManagement)と呼ばれています。メインとなる設計用のデータとそれに付随するデータ、例えば部品表や材料表、見積もり用のデータ、コメント、設計変更内容、などなど、これらのデータを一括で管理することが求められています。 従来は紙図面での管理だったため、その図面に部品表や材料表は右隅のあいている部分に書いていたりしました。

今、設計部門では3次元CAD(ComputerAidedDesign)がスタンダードとなりつつあるので、3次元CADデータと部品表や材料表(これらはエクセルであることが多いです)、見積もり用データ(これらは企業ごとにオリジナルのフォーマットを用いていることが多いです)、などの同時管理には、どうしても専用のシステムが必要になります。要するに開発する必要があるということで、ここに派遣社員やアルバイトと言った、プログラミングの専門知識を持ち合わせているプロフェッショナルを投入することになるわけです。






知っていれば有利な生命保険に団体生命保険といわれている保険を忘れてはいけません。グループ保険や給料引き去りの保険もあります。法人などの従業員にその法人が用意する生命保険の制度です。団体生命保険やグループ保険と呼ばれるのが一般的です。税金や社会保険料などのように毎月の給料から引かれます。普通の生命保険より保険料はかなり割引されています。保険選びについてはこれらの団体保険を調べてはいかがでしようか。-

ちゃんと事前準備をしてすすめてみれば保険選びを考えるという問題も結構うまくいくかもしれません。法人税の節税のための保険などの生命保険、生命保険やガン保険、共済そして定額の一時払いの年金保険と悩ましいほどたくさんあります。保険評判の知識があることで万が一の心配をなくしておくことは大切なことです。-

次を読む≫