製造業のIT化の流れ…現在、日本の製造業の間で急スピードで「IT化」が行われています…

製造業のIT化の流れ

現在、日本の製造業の間で急スピードで「IT化」が行われています。 大企業から始まったこの「IT化」ですが、取引先である中小企業にまでその波が押し寄せています。製造業の主なデータと言えばやはり製品を設計した際に完成する「図面」があります。 この図面に付随するように見積書、部品票、注意事項などが書かれた備考書、発注書など、様々なデータがあります。 従来これらはすべて「紙」による管理でした。「IT化」はまず、一番とっつきやすかった設計部門から始まりました。 設計者が使っているCAD(Computer Aided Desgin)がIT化によって3次元CADに変化していったのです。

取引している中小企業も取引先と同じシステムにする必要があるため、こぞって同じシステムを導入しました。 徐々に3次元データが蓄積されてくると問題になるのが見積書や部品票などの「紙データ」と電子データである3次元CADデータとの関連付けです。 そこでPDM(Product Data Management)が生まれてきました。 このシステムにより3次元データと紙図面(PDM等で電子化したもの)の関連付けを行ったのです。






ガン共済や医療共済。生命共済。共済種類は驚くほど複雑です。もちろんどの共済も違う保障内容です。共済は考え過ぎないことがいいのです。共済の使用品は比較して選びましよう。-

探せば生命保険の保険相談もあります。コストパフォーマンスのいい生命保険を契約することはすぐにできるようなことではありません。生命保険はずっと払い続ける金額の合計を見れば保険料総額としてはかなり高額になるもので、また生きていく上での自分たち家族のリスク保障をするものなので選択することに苦労するのです。だから専門のコンサルに保険相談をしてもらい後悔しないようにしましょう。-

次を読む≫