製造業とPDM…製造業のIT化の核心部分であるPDM…

製造業とPDM

製造業のIT化の核心部分であるPDM(Product Data Management」について考えてみたいと思います。 従来、製造業のデータと言えば「紙」と1枚ずつに割り振られた番号による管理がメインでした。しかし設計部署からIT化が始まり、徐々に電子データが増えてきます。 ここでIT化の過渡期を迎えました。 新しく増えてくる電子データと従来の紙データとの関連付けです。 想像しても容易ですが、この関連付けはとても難しいテーマです。番号だけの関連付けは簡単ですが、その番号から紙データを探し出すのは結局人間の力技になってしまうからです。 そこでPDMが見直されました。

PDMはパッケージプロダクトとして販売されていますが、導入する企業の管理形態によってカスタマイズすることがほとんどです。企業のIT担当者とPDMの販売サポート会社により何度も話し合いを行い、カスタマイズについてミーティングが行われます。 PDMは3次元CADデータの管理だけにとどまらず、PDFやワード、エクセル、画像ファイルといったあらゆるデータを関連付けた形で管理できます。 今後、このPDMシステムを導入する企業が増えると思います。






郊外の大規模なショッピングセンターなどで保険パンフレットをたくさん並べた保険の店舗がかなり増えたようです。保険代理店ばかりでなく保険会社まで保険ショップ展開を始めています。保険や共済などを比較するのはなかなか困難です。この生命保険店舗。保険ショップで保険相談を対応してもらえます。-

ファイナンシャルプランナーと無料で相談できる生命保険無料相談サービスがあります。大切な生命保険はどのような経験を持つ人と相談しますか。どんな経験のある人に相談するかは気にしましょう。そのような保険無料相談サービスについては検討しましょう。保険を考えるにあたってはこのように考えることが大切なポイントです。ファイナンシャルプランナーFP技能士で生命保険。-

次を読む≫