製造業における3次元CADの流れ…製造業のIT化の1つとしてCAD…

製造業における3次元CADの流れ

製造業のIT化の1つとしてCAD(Computer Aided Design)が考えられます。 CADの歴史は意外と古くて、設計者が紙図面を書くための道具であるドラフターを2次元CADに置き換えたころからCADというシステムは存在していました。最近になって、この2次元CADシステムを脱却し3次元CADに移行する企業が増えています。 3次元CADシステムの利点は様々あります。 まず誰が見ても製品形状がわかりやすいこと。例えばオペレーターの方(派遣やアルバイト)が見ても形状の把握が、2次元CADとは比べ物にならないくらいやりやすいです。 また形状の解析がコンピュータの中でできてしまうこと。

従来は大きな機械を用いて実物を用いて実験を行っていたものが、コンピュータの中でバーチャル実験が行えること。 「ハイエンド」と呼ばれるシステムではデザイン部署から設計部署、金型部署、生産技術部署、まで、製造業のあらゆる部署を同一のデータ形式で仕事ができるため、部署間の溝が減ることなどが考えられます。 こうして3次元CADシステムは今急スピードで普及しつつあります。






うまく相続税をクリアするための贈与税は必要です。しっかりと相続のことを考え甘く考えないことです。贈与税による相続税対策というものはこのように考えることがポイントです。相続や保険は財産を贈与するについて必ず問題になると言われています。ちゃんとこの税金の問題について考え続けていれば贈与は役立ち心配するほどではありません。-

このような問題について早めに相続対策をしておけば案外うまくいきます。うまく相続対策を解決するためには財産に対する課税についても容易なことではないのです。相続税は大変です。相続税申告の問題をどう解決するかは資産をたくさん持っているのなら誰しも悩む問題です。相続対策と遺言書についての問題は確しっかり計画的に進めることが重要な注意点です。-

次を読む≫