製造業におけるViewerについて…製造業では一般的にCAD…

製造業におけるViewerについて

製造業では一般的にCAD(Computer Aided Design)が使われてきました。 しかし派遣やアルバイトを含めた社員全員にこのシステムが必要かというとそうではありません。現役で設計業務を行っている方々には1システムずつ必要になるかもしれませんが、承認のみをする上長の方や設計をしない購買部門や調達部門などはCADは必要なく、完成した製品形状だけを必要としています。従来はできた図面をまわすことで業務をまわしていました。 しかしIT化が進み製品形状を3次元で見ることができるようになると、この業務形態が変わります。 かと言って全員にCADをそろえるのではなく、Viewerと呼ばれる形状のみを見ることができるシステムの導入が行われました。

このViewerの目的は、まず前述の形状を確認することや、測定機能を使って必要な寸法を図ること、部品の数を計算することなどが考えられます。 営業の方が持ち運ぶノートパソコンにViewerをインストールしておき、取引先との商談のときに使うなども考えられます。 今後はこのViewerの機能アップと導入する企業が増えることが考えられます。






IT技術が保険に活かされたことで安価な生命保険も結構簡単に見つけられます。保険を比較して入るという新しい方法が容易に選べるようになりました。ライフネット生命が生まれその安い保険のことも考えましょう。-

住宅ローンでマイホームは楽になります。がんばりましょう。忘れていけないのは資金計画など工夫が必要なのは住宅ローンを生活の中でどうとらえるかということです。充分に悩んで相談すれば住宅ローン後の生活といった経済的な問題も思ったより問題にならなかったりします。借りないといけない金額が幾らかなどの問題もあり苦労しないといけない問題でもあります。住宅ローンの比較頑張りましょう。-

次を読む≫