製造業において、Viewerのニーズ…製造業において、Viewerのニーズが高まっています…

製造業において、Viewerのニーズ

製造業において、Viewerのニーズが高まっています。 Viewerというのは、設計で出来上がってきた3次元形状を確認したり、計測機能を用いて必要とする寸法を計測したり、発注するために部品の数を確認したり、と用途は様々です。Viewerは単独で使用することも可能ですが、PDM(Produvt Data Management)に組み込むことも可能です。 こうすることで、オペレーターの方(派遣やアルバイト)がわざわざPDMシステムとVewerまたは3次元CADを起動することなく、PDMシステムの中で仕事が済んでしまうのです。これはとても画期的なことです。

従来は価格の見積もりを出す際に紙図面を参照しながら必要な寸法を計測し容量や体積を計算していましたが、Viewerを用いることでこうした情報は設計側であらかじめ与えられたり、材料のデータベースを作成しておけばボタン1つで研鑽を行うことができてしまうのです。さらに上長の方の業務もかなり簡素化され、別な業務へ時間を使うことができるようになります。 業務のスピードアップと正確性の向上を見込むことができるのです。






生命保険は保険の営業さんの説明を聞いてもなかなか分かりません。でも保険の基本を考えてみます。ネット生保も目立っています。さてある日病院に担ぎこまれ長い入院になることもあります。また自分が死んだときに家族がどうなるか。遺族にとって必要な保障額や保険は何なのか。それが保険を考えるときに必要なものです。ネクスティア生命はネット生保です。-

住まいの近くの商店街にも生命保険商品を組み合わせ比較し提案をしてくれる対面型の保険ショップに気付き気になるようになりました。保険見直し本舗。保険シッョプでライフプランや人生設計のことを学びましょう。-

次を読む≫