ナレッジと設計の自動化…製造業では、各企業においてさまざまな設計手法、計算方法、などが存在しています…

ナレッジと設計の自動化

製造業では、各企業においてさまざまな設計手法、計算方法、などが存在しています。 しかし現在の3次元CAD(Computer Aided Design)には、それらの独自な設計手法や計算方法はもちろん含まれていません。 それをどうしていたかというと、納入元の情報システム会社にカスタマイズ依頼というかたちでカスタマイズを施していたのです。しかし、最近「ナレッジ」という言葉が多く聞かれるようになりました。 これはCADにカスタマイズ用の言語を用意し、各企業独自の設計手法や計算手法をCADに組み込むことができるようにしたわけです。

「ナレッジ」とはつまりその企業における財産ですから、これをCADに組み込んでしまえば、業務のスピードアップを図ることができます。 カスタマイズを進めていき、極端なことを言えば設計の自動化まで視野に入れることが可能になります。 つまりオペレータ(派遣やアルバイト)をおかなくても設計が進んでしまうことを意味します。しかしこの「ナレッジによる自動化」に警鐘を鳴らす企業のIT担当者もいます。 それは「設計者が頭を使わなくなる」という懸念です。 企業として発展しなくなる恐れがあるわけです。 このあたりはケースバイケースで対応する必要があります。






自分の選ぶ保険の評判はいったいどうなのか。保険契約をどうするか考えるに当たりどんな人に相談しますか。生命保険選びをうまく進めるのはどんなつもりで入る生命保険かをよく認識することです。かんぽ保険の評判を気にしますか。困る問題です。-

生命保険や医療保険の保険設計書を読み解き比較するのは時間がかかります。保険の相談をするのならその保険営業員が業務上でどのようなポジションの人なのか分からなくてはいけません。そうしてから生命保険商品の比較をしてインターネット生保も考えましょう。そんなことが重要です。-

次を読む≫