デザイン部署と設計部署のIT化…設計部署からスタートしたIT化ですが、当然ここから設計部署の上流部署…

デザイン部署と設計部署のIT化

設計部署からスタートしたIT化ですが、当然ここから設計部署の上流部署であるデザイン部署や、下流部署の金型設計部署や加工部署等にIT化が進んでいきます。 今回はデザイン部署のIT化について考えて見ます。デザイン部署のアウトプットとして一番重要なのは、これから設計が始まる製品のデザイン画(要するに「絵」です)になります。 デザイナーがクリエイティブに仕事やアイディア創出ができるような環境づくりとして、従来はOSはMac、PhotoShopやIllustlatorが使われてきました。これらの絵を3次元モデル化する派遣社員やアルバイトの社員がいました。

しかしここで作成されたデータとこの次に位置する設計部門で使用したいデータのフォーマットが違いました。 ここが大きな問題です。そこでソフトウェアの販売会社や情報コンサルティング会社はデザイン部署へのデザインシステム、設計へシームレスでデータを送ることができるシステムの提案を行ってきました。 しかしまだまだ浸透しきれていないのが現状だと思われます。 デザイン部署と設計部署の大きな溝を埋めることがIT化の大きなキモとなるのでしょう。






様々な媒体で保険などの保険通販がかなり増えたようです。保険代理店ばかりでなく保険会社までネットでの保険や共済などで分かります。ネット生保や共済で保険選びをしてみましょう。それが大切なポイントです。-

自動車保険から商品を選ぶことについては専門家に相談しても悩むことです。うまく自動車保険を選び出していく作業はは手数がかかることです。保険商品のの比較は大切なことになります。ちゃんと考えて自動車保険を決めないと後悔します。それが保険選びで大切なことなのです。ライフスタイル別の自動車保険比較ができます。-

次を読む≫