金型設計部署とIT化…設計部署では、使用しているシステムなどのIT化がほぼ完成に近い状態に…

金型設計部署とIT化

設計部署では、使用しているシステムなどのIT化がほぼ完成に近い状態になってきました。 今回はIT化がほぼ揃いつつある設計部署の下に位置している金型部署に関するIT化について考えて見ます。金型部署では、設計で作られた製品データを下に、金型設計図面を作成していました。 設計で作られた図面との違いは、「金型要件」が盛り込まれた図面ということです。金型要件というのは色々ありますが、例えば、金型から製品を取り出す際に必要となる「抜き勾配」、工具では削れない「角R」、深いボスやリブの対処とする「入れ子」、複雑な加工に対応する「電極」などを指します。

これらは設計ではあまり考慮されないため、金型部署では新規で図面を作成するようなイメージで仕事を行っていました。ここにも、設計部署と金型設計部署の間に大きな溝が存在します。 金型設計部署でもだいぶIT化が進み設計部署と同じCADシステムの導入が行われ、派遣やアルバイトの方に従来図面の電子化を行ってきています。 しかしその下に存在する加工部署との間にも大きな溝があるため、「しわ寄せ」を受けてしまっている部署であるともいえます。






 保険については、自分や家族のリスクをどううまく守るかを真剣に考えることです。苦労する問題でもあります。JA共済など、保険だけでなく共済の種類は驚くほどたくさんあります。その共済についての保障対象と保障内容はもちろん大きく違っています。このような共済を探すのは大変です。-

保険について相談することにより自分の入るべき保険商品を失敗せず間違いなく選べことが容易になってくるのです。ネットなどで探してみれば保険相談をしてくれる生命保険のプロも多いようです。チャレンジしてみないといけないのは保険ショップで生命保険相談。しっかりとした見直しを検討した生命保険を決める意思決定をしましょう。生命保険を自分で決めることはそれは簡単なものではありません。-

次を読む≫