生産技術部署とIT化…今回は製造業でもっともお客様に近い部署とも言える加工部署のIT化…

生産技術部署とIT化

今回は製造業でもっともお客様に近い部署とも言える加工部署のIT化に関する実態と問題点について考えてみたいと思います。加工部署ですので、ここで作成する部品は直接商品の出来具合に直結します。 お客様に納品する際にもっともキモとなる部署なので、その仕事に求められる正確さや精度はとても高いものです。 従来は加工用の図面を紙で作成し、紙の図面では表現しきれない箇所や図面の中の矛盾する箇所などは、現場の職人的な担当者が暗黙の了解的に修正を加え加工をしていました。

しかし設計部署および金型設計部署から送られてくる3次元CADデータでは、なかなかそうは行きません。 データにきちんと加工のための要件を加えておかないと、加工のための機械(フライス盤や旋盤)がきちんと動いてくれません。ここには残念ながら派遣やアルバイトの方が入り込む隙間はないと言えるでしょう。 しかし現場の職人的な方々は長年の経験を積んだ熟練の方々ですが、定年を迎え会社を去るとその技術も去ってしまうことになります。 これが大きな問題としてどの企業も抱えていると言えます。






生命保険や医療保険を選ぶことについては悩んでしまいます。生命保険や医療保険などをチョイスするのは結構大変なことです。保険料の見積りが生命保険では可能です。生命保険や医療保険を見積りすることはやりやすくなっています。さて損害保険会社の所得補償保険も検討してみましょう。大切なことです。-

生命保険についての問題はけっこう難しいことになります。しかしながら生命保険を比べることについて気楽に対応してしまえばいいのです。生命保険業界は変革しています。保険ショップと称する代理店が人気化しました。ほけんの窓口がにぎわっています。相談してみましょう。-

次を読む≫