検査部署とIT化の問題点…製造業において、もっとも最終的かつ重要なフェーズとして「検査」という仕事…

検査部署とIT化の問題点

製造業において、もっとも最終的かつ重要なフェーズとして「検査」という仕事があります。 従来は設計から送られてきた図面を下にして、測定箇所を決定し、検査図面を作成し検査用冶具を作成しオペレータの方(派遣やアルバイト)が検査機械もしくはノギスといった工具を使って検査業務をこなしていました。 つまりIT化とは程遠い仕事を行っていたと言えます。最近になって、この検査部署にフォーカスを当てて重要視する企業が増えてきています。 設計から生産技術まではなんとかIT化できシームレスにデータが流れるシステムを組むことがでましたが、最終的な検査段階でデータの流れが滞ってしまう、いわゆるボトルネックというものです。

この検査部署にIT化のメスを入れるため、検査用機械やシステム自体を見直すためには、多大な時間と投資が必要になります。 検査用機械と一口に言っても数千万円するものがほとんどなためです。また、検査システムと言うものはまだまだ開発の過渡期にあるため、日本の企業が望むような機能や使い勝手がないものがほとんどなため、なかなか導入に至らないのが現状です。 響が及んでしまうので、なかなかIT化のメスを入れにくいというのが現状なのかもしれません。






保険ショップでは生命保険等の保険を考え続けていれば何とかなるものかもしれません。ちゃんと生命保険コンサルについていかにしますか。どのような場所で誰に相談をするのでしょうか。最近はショッピングセンターなどで保険見直し本舗が急増しました。ここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーとして活躍している保険のプロもいます。-

自分の必要保障額を検討するのは子供が生まれた時が多いようです。そのように人生のふと目と言える時に死亡時にひつような保障額と生命保険を始めて考えるのかもしれません。保険ショップが大切なことだと気付きます。ライフプランや人生設計のことを自分から学びましょう。保険ショップです。-

次を読む≫